2021年9月25日土曜日

【神田】ビリヤニ大澤☆大注目のビリヤニ専門店

梅ヶ丘ビリヤニハウスや経堂ガラムマサラ元店長をやっていた大澤氏が「ただただ、究極に美味しいビリヤニを作りたい。そしてそれを食べてほしい。」と開店資金をクラウドファンディングで募ったところ、Facebookで繋がっているゴハン仲間や星付き店の大将などが 「大澤さんのビリヤニは凄い」と言っていて、クラファンしてみようかなぁ…なんて悩んでいたら翌日には終わってしまうほどアッというまに達成して結局クラファン出来なかったのですが、それほどまでに凄いのであれば1度は行ってみたい!とブックマークしておりました。
開店して間もないですが既に予約はアッと言うまに埋まる状態です。

金属が味を阻害しないように琺瑯のスプーンを採用しているようです
他には使っている部位の説明や、ビリヤニにはコーラが合うので是非!というような内容が書いてあります。
コの字のカウンター
ランチ1回転目は調理を見ることができます

アルミホイルで包んで熱の均一化を図っているそうです
炊きあがって蒸らしが終わったら目の前で大澤さんがよそっていきます
近くで見ると釜がメッチャ大きい!

お待ちかねのビリヤニ〜

しっかりコーラペアリングしました。
左には味変用のライタ。
ほっかほかで湯気がたってます

もうちょっと近づいて
一口食べてコレは美味しい!!ってなって、味変のライタのことを忘れるくらいスプーンが進んでしまいます。

骨つきのお肉がゴロゴロ入っているのは美味しいのですが、細かい骨に注意しないとガリッと痛い思いするのが悲しい。。
難しい問題だけど骨を気にせずにガツガツと食べたい気持ちも有ります。

予約の段階でポーションが選べてレギュラーとフル(1.5倍)が有って、食べ始めは美味しすぎてフルにすれば良かったなーって思いましたが、結局後半はレギュラーにしておいて良かったと安堵したけど、後ろの予定が有ったからで、ここだけならフルでも全然OKでした。
良い感じで場所ごとに味のバラツキがあって食べ飽きないし、大澤氏が「私はビリヤニ界ではふわふわ系」と言っていたのですが、その通りパラパラ過ぎず適度に湿り気も有って食感が凄く良いです!

噂通りの美味しさにまた行きたい!とリピートを心に誓っております。
しかし9月下旬にクラファンリターンの食事券が発送されるので、ますます予約が取りづらくなる事が予想されます。


予約はテーブルチェックから
https://www.tablecheck.com/shops/biriyani-osawa/reserve

0 件のコメント:

コメントを投稿