2019年11月6日水曜日

【イベント】THE JOY OF SAKE☆日本酒512種とフード15品

ジョイ・オブ・サケという2001年にホノルルで誕生した"日本以外で開かれる日本酒のイベントとしては最大規模"の会が有って、東京では10年前から開催していて私は2年前くらいからチェックしていたのですが、平日開催だし、8500円というちょっと躊躇する価格だったのでスルーしていました。
今年は縁あってお誘い頂いたので行って参りました。

歓評会に出された512種類の日本酒と15品のフードが楽しめるイベントですが、当然ながら全種制覇は不可能なのでテキトーに飲もうと思って行ったけれど下調べするべきでした!
ちゃんと512種公開されているのです↓
http://www.sakeappraisal.org/appraisal-2019.html

今まで飲んで好きな蔵も、全然知らない蔵も沢山有ってどれを飲めば良いか分からなくなりました。
飲んだお酒は撮り忘れ以外は撮影したので、60種ほど飲みました。



最初はテーブルごとに受賞酒が並んでると思って順番に飲んだけど、出品酒が全部出てる事に気付いてからは少し厳選。
注いでくれる人がいる一部のブース以外はスポイトで自分で少しずつ注ぐシステム。
蔵元が直接紹介していた「龍勢」は美味しかったけど買える値段のお酒じゃなかった^^;
お酒は勿論、漢字も知らなかったのが「龍龍龍龍」と龍が4つ並んで『てつ』と読んで「おしゃべり」という意味が有るみたいでラベル右上に書いて有る。
基本的には飲んだことの無い蔵を攻めましたが、好きな蔵を見つけて飲んだことの無いシリーズだと手を出してしまった。
時間区切りで3蔵ずつ出てくる限定酒コーナーがあったのに気付いたのが開始1時間後以降なので、1ターン目に何が出てたのか分からずミスった。
限定コーナーでは真澄スパークリングおりがらみ、玉川山廃無濾過原酒が特に美味しかった。
両方とも特別高いお酒では無いので、特に真澄はシャンパン代わりに乾杯用として持って行ったりしても良いと思いました。
2時間経たずに「もうこれ以上はヤバイ」と思って、最後にグランプリ受賞酒と20時からの限定酒を飲んで21時を待たずに会場を後にしました。

沢山の日本酒を一気に飲んで気付くのが、高精米歩合のお酒があまり面白くなく、私の好みでは酸や甘味が有るのが好きなんだなと。
もちろん料理に合わせて飲む場合はこの限りでは無くなるのですが、基本的に高精米歩合のお酒は値段も張っておいそれと飲めない物も多いので「大吟醸じゃない方が好きかも!?」って発見はとっても重要な気がします。

フードは当然全部制覇しましたよ笑っ
スタンプ制になっていて全員がちゃんと食べられるシステムになっていて感心しました。

お値段張るだけに運営がしっかりなされていますね。

・Bricca:蝦夷豚サルシッチャと長熟インカのめざめのピュレ

味は良いけどフォークとサルシッチャの組み合わせは危険!上手く刺さらなくて転がって行きそうだった笑っ

・旬魚旬菜 まかないや:唐墨とイクラのこぼれ巻き寿司


・日本橋 逢坂:ローストビーフの利休ソース

私でも名前を知っているくらい名が通っているだけに、味も季節感もよく出来ているなと。

・Restaurant Kazu:パルメザンチーズのタルト・フランベ 〜糸島のハーブの香りと〜


この大きさながら良く出来たタルトフランベでした。
お腹一杯でなければリピートしたかった。

・和菓子 薫風:最中と練り切り


ここは私でも知っている日本酒ペアリングが売りの和菓子店。
流石に心得ているなと言った感じ。
お連れ様と「熟成酒を合わせたいね!」と話していたのですが、この後で熟成酒を見つけてorz状態。

・赤星とくまがい:北見蝦夷シカのクロワッサンサンド


・スパイスバル コザブロ:「ソラ・プットゥ」気仙沼産 青鮫のケララ風スパイス炒め バナナリーフ包み


これは日本酒と楽しむにはちょっと前衛的すぎたかな。

・すずや:旬野菜の五目ちらし:「20日間熟成のサーモン」と「北海道産いくら醤油漬け」親子仕立て


・重慶飯店:パリパリ鱗付き甘鯛の香り豊かな甘醤油ソース

味は良かったけど作り置きし過ぎで全然パリパリじゃなくて、唯一の横浜からの出店なのに情けなや。。

・IL GHIOTTONE:ホタテとカブのリゾット 京七味風味

これが今日イチでした!
ホタテの旨味、蕪の甘み、それを京七味でピリッとしめていてメッチャ美味しかった!!

・地酒遊楽 裏や 酒菜家 野崎酒店 かも蔵:つまみんぴっく:ハワイアンブルーゼリー、岩海苔山葵、和牛のステーキ、べっこう卵、甘長唐辛子の盛り合わせ

五輪の色彩をイメージしたらしいのですが、左上の青いのは駄菓子屋のラムネゼリーの味でした^^;

・HAMAMORI:オリジナル POKE BOWL 2種のソース
(ちょっとスパイシーなトロピカルフルーツソース & コクと旨味のわさびマヨソース)


・Beast Kitchen:道産牛バラ焼きの山わさび掛け

道産牛って一括りに考えて良いのか分からないのですが、こんな肉質なのかな?
山わさびを使っているのはとても良いのだけど…。

・Team Gotanda(SAKE story・AGI・ほじゃひ):ポテトサラダ3種盛り


・Hitoshi Sugiura (Onodera Group):Vegetable Garden

美味しいのですが、盛り付け繊細過ぎて回しきれなくて行列になっちゃってイベントでは不向きでは?と。
重慶みたいに作り置きし過ぎもNGだし、ココみたいに作らなすぎもNGで運営が難しいなぁと思ったんだけど、IL GHIOTTONEは味も良く、回しも上手で流石だなぁと感心した。
笹島シェフ自らフライパンを振っている姿を見れるのも良い。

20時過ぎたらスタンプ制が終わってフードフリーになるみたいで、IL GHIOTTONEリピートしました。

お誘い頂いたので行きましたが、また来年もと考えると…まぁ有りかなって感じです。
自分で買いにくい(値段以外に流通的に買えないのも含めて)日本酒が沢山お試し出来る事を考えたら良いかな。
平日じゃなければフードの出店具合でまた行っても良いかなと思える。
運営も悪くないし、値段がそれなりだけに客層も悪くない。

配布されてた500mlペットの水を2本飲んで、帰りに悪い癖が出てビール飲もうか悩んだけど、十二分に飲んでたしお腹一杯過ぎで夜中まで逆流性の症状に苦しんだ位だから、ビール飲まずに帰って本当に正解でした笑っ

ジョイ・オブ・サケのイベントページ
http://www.joyofsake.jp/

2019年10月11日金曜日

【中華街】南粤美食☆アヒルのパリパリ揚げ

孤独のグルメ新シーズンの第1回目に放送されて凄まじい行列を形成している南粤美食(ナンエツビショク)は、今までお昼こそ並びが出来ていたものの、17時に行けば一番客だったのに、台風前日で雨が降ろうとしている17時にして10人以上の並びが!!
この様子じゃ17時に来ても1Fの1回転目に入るのすら無理ですね。
ファンとしては複雑な想いも有りますが、繁盛何よりです。

アヒルのパリパリ揚げ

孤独のグルメの放送に合わせてリリースの新メニューで、番組中では大魔神佐々木が食べているのを見て五郎さんもオーダー。
この料理はその昔、美味しんぼで読んだ中華風フライドチキンと同じように油をかけて皮をパリパリに仕上げる揚げ方で、まさか美味しんぼを読んで食べたかった思いがここで成仏するとは!
メニュー名に偽りなしで皮はパリパリで肉はジューシーで噛むとアヒルの旨味が口中に広がります。
「お好みで」と供される梅ソースは甘酸っぱい感じで、梅っていうよりも杏っぽいニュアンスが感じられた。
「放送前から来ているお客さんで食べたの初めてだと思います!」と店員さんが言っていて、いやいや…と思ったけど、なんと最初に1F席に入った5組で売り切れって事で、そりゃあハードル高くて常連さん達は食べられてないかもね。

煲仔飯をオーダーしていたので時間かかると思って10年もの紹興酒もオーダーした。

最初は酸が強いと思ったけど、酸に慣れてくると旨味が強くていくらでも飲めてしまいそうだった。
これよりお高い紹興酒はボトルのみなので宴会の時に同席の方達と相談して飲みたい。

水餃子

XO醬もついてくるけど、そのままでも十分美味しい。

具はシンプルで皮を楽しむ料理だと思っている。

腸詰め干し肉貝柱釜飯

この組み合わせを食べるのは初めて。
確か昔は貝柱が入っていないもっとシンプルなものだったと記憶している。
もちろん貝柱が入ったことで海の旨味も加わり暴力的にメチャメチャ美味しい。

おコゲもカリカリ食感で最高だし、半分は家族に持って帰ろ!とパックを貰ったのに危うく全部食べちゃいそうだった笑

ツイッターで情報発信していますが、なにせ放送後でお客さんが大挙して来ていますので色々とシステムが変更となり、現在は席予約は無し(ココ重要)で、予約は宴会のみで5名からとなっています。
https://twitter.com/nanyuemeishi627

実は知人が主催の特別な宴会に参加させてもらったり、放送前に予約を取っておこうと食べに来たりとネタばっかり溜まっていますが、PCとHDDと私の不調が続いて更新が出来ず。。
とりあえず孤独のグルメ放送後でキャッチ―なパリパリ揚げを採用して更新しました。

そういえば、10月になっても値段が変わらないから実質2%安くなったかな。

2019年9月12日木曜日

京味 西さんを偲んで

私が美味しい物に興味を抱く原点は美味しんぼです。
アニメで見たり、マンガを読んでいて、2巻に出てくる浅草の藪蕎麦に憧れたのが始まりだと思います。
実在する店舗だと知って行ったのは大人になってからで、これはインターネットの恩恵ですね。
ちなみに大人になって美味しんぼを読み返すとトンデモ話が結構有るなぁと苦笑いしてしまいますがご愛嬌って事で笑

14年ほど前でしょうか?TBSで深夜に放送していたイシバシレシピを見ていた時に京味の西さんが出演されて蟹しゃぶを披露した時に「これは美味しんぼで出ていた至高の鍋じゃないか!」とマンガを読み返して「マンガにも西さん出てる!」とえらく昂ったものです。
まだ食べログも情報量は少なく、検索をすると個人ブログが上位に出てくる時代でしたが、京味の事を調べると訪問記や電話番号など載せてくれている方がいて大変助かりましたが、なにせ値段が値段なので当時の私には夢を見るだけでした。

少しだけお金に余裕が持てた2007年12月1日、ついに京味初訪問を果たす事になります。
https://perfect-star1227.blogspot.com/2007/12/blog-post.html
料理の写真は全て2007年のものでカメラの性能が今とは段違いで見づらい点はご容赦ください。
予約を取ったのが10月だったので、2ヶ月前に予約が取れるなんてその後の予約困難を考えると有り得ない事でしたね。
しかも恐れ多い事に初めての電話で「蟹鍋が食べたいんです!」とリクエストをしたところ、電話対応の人では答えられないって事で電話を替わりますと電話口に出たのが西さんで、「ひょえ~西さんと喋ってるぅ」とド緊張したものです。
美味しんぼとイシバシレシピを見て蟹鍋を食べたい事を告げると快く承諾してくれました。
今だったら逆にビビって料理のリクエストなんて出来ないね笑っ
初訪問の時に驚いたのは西さん自らコートは預かるし皿洗いはするしで本当によく働く。
お料理はこんなの食べたこと無いと思うほど美味しく、連れて行った伯父が今でも美味しかったと話してくれる事を嬉しく感じます。

そんな訳で初の京味を堪能した訳ですが、くしくもこの年に日本版ミシュランガイドが発売されて、京味は三ツ星を断った店として有名になり予約の取れない店になってしまいました。
ちょうどお店に行った時に西さんが「うちは英語も喋れませんしカードも使えませんから断りましたわ」と笑い話にしていた事をよく覚えています。

いずれにしても頻繁に行けるお店ではないので予約が取れなくなっても差し支えないとも言えるのですが、行ける状況でも予約が取れずに結局2回目は2015年9月の終わりでしたね。
本当は松茸ど真ん中の10月に行きたかったのですが、それは流石に常連以外は立ち入れないようで、ならば一番近い9月末にしました。
もう1つの至高の鍋である「松茸と鱧の鍋」を食べられたので十分満足でした。
とても残念だったのが初訪問の時はOKだった写真撮影がNGになってしまった事。
2007年の時とは時代が変わり、ミシュラン騒動で多数の人が京味を知り来店した事、食べログなどの発展で写真を撮る人が増えたのが西さんにとってマイナスの面をもたらしたようです。

2回目の訪問までに「次の予約を取る」事を覚えた私は、翌年の4月、京味では2週間だけの筍の時期に予約を取って3回目の訪問。
西さんは足が悪かった事もあって以前のようにキビキビとは動けない感じになっていたけど、それでも店主自ら細やかに気配りをしてくださる姿勢は変わらず。
次は白味噌のお雑煮を食べてみたくて1月の予約を取ろうと思ったけど、4月の時点で来年の予約は受けていないって事で、10月に予約電話をしなくてはいけなかったのにすっかり忘れて電話した頃には予約が埋まってしまっていて、代わりと言ってはなんだけど独立した新富町の味ひろに行きました。

4回目は2018年1月、ちゃんと前年の10月に電話をして予約を取って白味噌の雑煮に感動しました。
春秋冬は来たので次は夏だなと、同年7月に5回目の訪問。
鱧が美味しすぎてビックリした事を今でも忘れません。

これにて初回の蟹鍋+春夏秋冬を味わった事になったので『足るを知る』の心持ちにて、私の身分では一応ここで御仕舞という気持ちで、最後に西さんの著書に一筆頂戴しました。
「食する幸せ 料理する幸せ」

身に沁みますね。

今日が西さんの四十九日。
この事を書かずして料理の事は書けないと思い殆ど料理の話は書かずにいたら随分とネタだけが貯まってしまいましたが、西さんが亡くなったのを知ってから書こうとしてもなかなか言葉にならずようやく言葉に出来ました。
本当は「京味の十二か月」という本が出ているだけに毎月行きたいくらいでしたね。

追記:京味は閉店が決まっているそうです

2019年9月1日日曜日

【北千住】さかづきBrewing☆醸造所に併設された店内でビールを飲める

4月のお話。 行った事を書く前に、今週末に再訪する可能性が有るので記憶喚起の備忘録。 北千住に行く機会が有ったので「さかづきBrewing」に行ってきました。 醸造所併設でタップルームになっていると思ったら、かなりちゃんとしたカフェの様相でお客さんメッチャいる!! 定番のペールエールをオーダーしようと思ったら撃ち抜かれちゃったみたい…別のビールをオーダー
うららか(橙ゴーゼ)
来る前に飲んだびあマの周年ビール「ルプハラ」が重くて強かったのでサッパリで口をリセット出来た。 飲みながらフードメニューを見ていたら、おひとり様限定のほろ酔いセットを発見し、2杯目はセットにしてオーダー
ミルーキーウェイ(ミルクコーヒースタウト)
説明に書いて有った通りカフェオレみたいな感じで美味しかったー
セット価格が1200円でビール単品が650円なので単純に計算すると食べ物はおつまみ感覚の物が出てくると結構ドーン!!
ちょっと食べきれるか不安になりながらも美味しくいただきました。
私がギリギリ滑り込みで入れただけで、後からのお客さんを結構断っていたので、とっても人気店なのですね。 15時くらいだからと余裕こいて行ったけど危うく路頭に迷う所だった。。

タップリスト
フードメニュー

醸造所

左側が醸造所で右側が店舗

2019年8月10日土曜日

【二子玉川】すし 㐂邑(きむら)☆熟成鮨のパイオニア

3年以上の念願が叶って㐂邑に行ってきました。
予約が取れなさすぎて、やはり誰かに連れて行ってもらうしかないかとグルメな会に参加して人脈形成を計ったものの予約を持っている人には出会えず、結局自分でOMAKASE頑張りました。

店構え

普通のマンションの1室で、よく見ないと思わず通り過ぎてしまいそうな間口

カウンター

1番乗りだったので撮らせてもらっちゃいました。
お店に入った瞬間のお酢の香りが否応無く食欲を高めます。

鳳凰美田梅酒

日本酒の鳳凰美田とは違う酒造とは知らずにオーダーしたけど美味しかった
(しかも日本酒のページが有るのを見逃していて、いきなり甘いお酒を飲んでしまった^^;)

定刻になると一斉スタート

蛤のスープ

何個分ですか?と聞きたくなる濃厚なスープ。
内臓が温まり食べる準備万端といった感じ。

ハマグリを低温で火入れして藁でスモークして米油でオイル漬け

この大きさよ

身は柔らかふっくら、米油だからか油感は弱め、スモーク感が強い

ウニそば

雲丹を裏漉しして御汁にするとは贅沢極まりない

松本酒造 守破離

お酒もお任せで出してもらいました。

鮑から出た水分だけで作った鮑のリゾット+発酵バター

大将のお母様が「何屋だか分かりませんね笑」と仰っていましたが、美味しければ良いんです!笑っ
お米の中にもアワビがゴロゴロ入っていました。
大将は様々なジャンルのシェフとコラボしているので、その経験から作り出された品だと思います。

マナガツオに自家製酒盗エキスをづけ焼き

酒盗エキスの何とも言えない旨味と塩味でお酒と合いますね。

渡り蟹の塩辛

蟹は好きだけど、食べづらい物が苦手な私は面倒臭さを感じながらも、手をグチャグチャにしながら身をほじくり余す所無く頂きました。
お酒を飲まない人にはちょっと塩味がキツイ品だった。
食べるのに時間がかかるものを出して握りの準備をする狙いも有るかな?


お鮨は「美味しい!」以外の感想を言うのが難しいので、特には述べません。
後ろに付いた数字は㐂邑の特色である寝かせている期間です。
熟成の意味と脱水に要する期間の意味が有りそうなので、一概に熟成期間と表記するのは違う気がしました。

海苔とシャリ

他のお客さんが入ったりしてしまったので妙な編集でスミマセン。
最初はシンプルに海苔とシャリだけ。
4月からお酢が変わったらしいですが、もちろん私は以前の味を知らないので違いは分からず。
何度もいらしているお客さんは「違うね!」なんて話をしていました。

ガリ

甘味の無い元祖ガリ

墨烏賊 新烏賊(赤ちゃん)

これで1杯ですって。
柔らかいんだけど歯ごたえも有って素晴らしい。

メイチ鯛20日

あまり出回らないようで、初めて食べた魚かも。

小鯛7日


牡丹海老5日


三重の八兵衛(元坂酒造)


鯵3日


カワハギ3

間に肝が入っていてベタな旨味なんだけど思わず「美味しい!」と言ってしまいました。

北寄貝3


中トロ21

藁でスモークした後に寝かせるそうで香りが複雑。

鰯10

脂の入り方が見事ですね。

淡路島赤雲丹5日塩紙で脱水

水分を抜く事で味が凝縮。

マカジキ51日

個性爆発の51日熟成。
今まで食べた魚とは別物ですね。

鰹手こね寿司

鳥獣戯画の御茶碗が可愛い




箸で掴めないくらい柔らかく、プリンみたい。

一般的によくある、おまかせ終了後のお好みタイムは無しで、一斉スタート一斉終了。
その場で次の予約を取る事は出来ず、基本的にOMAKASEで頑張るしかない。
また、池袋かぶとのように顧客枠の席(新規は取れない席)も無し。

2人で58,000円。
安くは無いのですが、魚を熟成させることで歩留まりが悪くなるので致し方ないか。
それでも初めて行きたい!と思った時と比べると1人頭1万円位高くなったかな。
魚の値上がり、OMAKASEの導入、様々な値上がり要素が有りますよね。
頻繁に行けるお値段ではありませんがまた行きたい!!
と言うか、1度行って裏技が使えるようになったので「連れてって―」と言われる笑っ
必ずまた行きます!!

ドリンクメニュー




最初はここまでしか見ていなくて日本酒はメニューが無いと思ってしまった^^;
日本酒はメニューに載っている物が必ず有るとは限らないそうです。
逆も然りでメニューに載っていない日本酒が私の元に来ましたから。




新政の貴醸酒を飲みたかったー!
またの機会ですね。